人気邦画『るろうに剣心』について

邦画の中でも大人気作品の一つとなった「るろうに剣心」は、1994年~1999年にかけて週刊少年ジャンプに連載された「るろうに剣心、明治剣客浪漫譚」という漫画を原作とした日本の実写映画シリーズです。全三部作となっていまして、第一作目のこの「るろうに剣心」は2011年8月から撮影が開始され2012年8月25日にに公開されました。

物語は原作におけるところの偽の抜刀斎騒動と黒笠偏、観柳邸突入までのストーリーが基となっていまして、実写映画ならではのオリジナル部分も多く混ぜ込まれています。

全国329スクリーンにて公開されまして、8月27日付けの興行収入ランキングで初登場1位を記録しました。土日の2日間で動員数29万5319人、興行収入3億9953万400円の成績となっていまして、先行上映を合わせた合計5日間ですと先週の1位作品を上回る記録でした。この先週1位だった作品は844スクリーンでの公開となっていましたので「るろうに剣心」は半分以下のスクリーン数で好成績を残したことになります。

そしてアジアから順次公開されていきまして、シンガポールやフィリピンなどで日本映画の興行収入記録等を塗り替えるヒット作品となりました。そして2013年7月26日にテレビでも初放送されました。またジャパンアクションアワードや日本アカデミー賞で出演した俳優が賞をとったりと人気だけでなく映画の内容面も高く評価された作品となりました。

人気邦画「るろうに剣心」の原作について

日本邦画の金字塔を築いた「るろうに剣心」ですが、原作は少年ジャンプで連載されていた人気漫画です。かなりのロングセラーを誇り、今なお根強い人気を博しています。るろう...  詳細はこちら ⇒